虚弱体質

【虚弱体質】


虚弱体質に定義はありませんが、病気にかかりやすく、いったん病気にかかると治りにくい、ふだんから疲れやすく元気がない、いつもなんとなく食欲不振ぎみといった場合を、一般的に虚弱体質と呼んでいます。虚弱体質の改善には漢方治療が有効ですが、効果が現われるまでにはある程度の期間服用を続ける必要があります。全身の症状をよく観察してぴったりあった処方を用いれば、しだいにかぜをひきにくくなり、食欲も出て活発になるでしょう。

↓虚弱体質に効く漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

夜泣き・疳の虫・チック

【夜泣き・疳の虫・チック】


夜泣きは、神経過敏の子どもによくみられます。また、俗にいう「疳[かん]の虫」は、子どもの心が不安定で神経質ぎみになっている状態で、それが夜泣きの原因になっていることがあります。このような神経過敏あるいは神経質な傾向のある子どもや、内向的な子どもには、心因性のチックがみられることがあります。チックとは、からだの一部を無意識かつ無目的に動かしたり、突然「アッ」などの大きな声を出したりする習癖で、感じやすい子どもの心理的葛藤の現われともいえます。放っておいても治ることが多いのですが、強迫神経症に進む場合もあります。子どもの夜泣き・疳の虫・チックは、周囲の大人がおおらかにかまえて接することがもっとも大切です。
 また、夜泣きは、虫歯、蟯虫症[ぎょうちゅうしょう]などが原因となっている場合もあります。

↓夜泣き・疳の虫・チックに効く漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

夜尿症

【夜尿症】


夜尿症とは4歳以上の子どもが就寝後のおもらし、つまりおねしょをすることです。昼間にこわい思いをした場合など、精神的なことが原因で起こることも多く、体質が虚弱で神経質な傾向の子どもによくみられます。たとえおねしょをしても、むやみにしからなければ自然に治ってくるものですが、就学年齢以降も治らない場合は、心身症の疑いがあります。そのほかに、腎臓や膀胱の病気、神経系の障害、蟯虫症[ぎょうちゅうしょう]が原因となっている場合もあります。

夜尿症に効く漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

出産後の健康維持

【出産後の健康維持】


出産直後は、疲労や出血のために著しく体力が低下します。また、精神的な変調も起こりやすくなり、感情の起伏をコントロールできなくなることもあります。さらに、悪露[おろ]と呼ばれる子宮からの分泌物が続いたり、乳房が張って母乳が分泌されるなど、心身にさまざまな変化が現われてきます。それぞれの症状と、全身の様子などもよく観察して漢方治療を用いれば、出産後の健康維持に効果的です。

↓出産後の健康維持に効果的は漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

妊娠中毒症

【妊娠中毒症】


妊娠中期(妊娠20週)を過ぎた頃から体重の増加が著しくなり、1週間で500g以上増加したり、むくみやたんぱく尿、高血圧傾向、手のしびれなどがみられる場合は、妊娠中毒症が疑われます。妊娠中毒症は胎児の発育に影響を及ぼすだけでなく、早産、子宮内胎児死亡、未熟児、死産、新生児死亡などの原因になり、重症になると子癇[しかん](意識喪失と全身けいれんをともなう妊娠中毒症)、肺水腫、常位胎盤早期剥離などの症状をひき起こすこともあります。定期検診を必ず受け、予防、早期発見、早期治療につとめることが大切です。
 妊娠中毒症の原因については、専門家の間でもいろいろな説がありますが、胎児と胎盤が体外に出て妊娠が終了すると自然に治ってしまうので、妊娠自体が原因といえます。そのほか妊娠によるホルモン、自律神経、代謝の変化などに母体が適応しきれなくなって発症すると考えられており、誘因として、肥満、もとからある高血圧症、腎臓病、多胎妊娠などがあげられます。初めての妊娠のときに発症しやすい特徴があり、初産のときに胎内死亡を起こすほどの重い妊娠中毒症にかかっても、つぎの妊娠以降は現われないことがよくあります。
 動物性たんぱく質、植物性脂肪をを中心に、ビタミンとミネラルを十分にとり、塩分とカロリーを制限して、安静に寝ていれば、軽症の場合は治ることもあります。また、ストレスを避け、睡眠を十分にとって心身の安静を保つことが大切です。重症になると降圧剤や利尿剤を使用する薬物療法を行なったり、胎児の心拍モニタリングその他の検査結果によっては、妊娠の中断を余儀なくされることもあります。また、母体の症状が急激に悪化したり、胎児が仮死状態になったときは帝王切開が必要です。

妊娠中毒症に効果的は漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

つわり・妊娠悪阻

【つわり・妊娠悪阻】


つわり(妊娠悪阻[にんしんおそ])は、妊娠5週間前後から現われる妊娠にともなう生理的な反応で、おもに吐き気や嘔吐、食欲不振、嗜好の変化などの症状が現われます。つわり自体は病気ではありませんが、全身状態が悪化するなどの重いものは病気とみなされ、重症妊娠悪阻と呼ばれます。
 妊娠初期に胎盤から分泌されるホルモンが起こす中毒症状と考えられていますが、はっきりした原因は不明で、ホルモンのバランス、栄養、心理状態、生活習慣、そのほかにもいろいろなものが影響しています。
 症状は、胃腸の変調として現われることが多く、食欲不振、吐き気、嘔吐、嗜好の変化、なまつばなどのほか、めまい、頭痛、耳鳴り、不眠、腰痛、胸やけ、口の渇き、便秘、微熱、心臓がドキドキする、においに敏感になるなどの症状や、無気力やいらだちなどの神経症状が出る場合もありますが、症状とその程度、期間には個人差があり、気づかないほど軽い場合もあれば、肝機能障害や自律神経障害、栄養障害、体重減少などが起こったりすることもあります。しかし、つわりによって胎児が栄養不良になっさたりすることはありません。

つわり・妊娠悪阻に効果的な漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

不感症

【女性の不感症】


性交時に性的興奮を感じない場合を不感症(オーガズム不全)といいます。どんな方法によってもオーガズムを経験したことがないケースを、原発性オーガズム不全といい、以前はオーガズムを感じた経験のある女性が、ある時期から感じなくなってしまうものが、続発性オーガズム不全です。
 いずれも、心因性の場合がほとんどで、「自分は不感症ではないか」という思い込みで悩む人が少なくありません。実際には病的なものではない場合のほうが多いのです。
 性交に対して不安や不快感があったり、性交時に痛みをともなうのは、性交不快症です。極端な場合には、著しい嫌悪感や恐怖感があって性交ができない性交拒否となります。
 性感異常を治すには、お互いの思いやりが大切で、治療もパートナーといっしょに受けるようにします。
 身体的な病気が原因の場合には、その病気を治すことが先決です。オーガズム不全は原発性、続発性どちらのケースも、治療には時間をかけた心理療法が必要となります。

不感症に効果的な漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 21:00 | 症状

不妊症

【不妊症】


避妊をしていないのに、なかなか子どもができない他合を不妊症といいます。妊娠しない期間がどのくらいなのかについては、基準が定められているわけではありません。しかし、正常な夫婦では、受胎調節をしない他合は結婚2年以内に90%近くが妊娠することや、不妊症の治療は早いほど効族が上がることなどから、2年以上妊娠しないときは専門医の診察を受けたほうがよいでしょう。
 不妊には男性側の精子減少症や無精子症など原因になっていることもありますが、女性の不妊症は、卵巣機能の異常(無排卵、卵巣発育不全など)、卵管の異常(卵管通過障害など)、子宮の異常(発育不全、子宮筋腫、子宮内膜炎など)が原因です。
 女性の不妊症の治療は、無排卵に対しては排卵誘発法を行ないます。卵管閉塞に対しては、卵管に水を通してつまっている部分を開通させたり(卵管通水法)、障害部分を手術的に再開通させます(卵管形成術)。子宮の異常に対しては、子宮筋腫には筋腫核出手術、子宮内膜の異常には黄体ホルモンや性腺刺激ホルモンによる治療、頸管粘膜の異常には卵胞ホルモン治療などを行ないます。体外受精は、卵管の異常を治療できない他合に行ないます。

不妊症に効果的な漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

おりものの異常・陰部の不快感

【おりものの異常・陰部の不快感】


おりもの(帯下[たいげ])は、子宮や腟からの分泌物です。おりものに異常があると、それにともなって陰部の不快感が起こりがちです。正常な場合のおりものは、透明ないし乳白色かうすい黄色をしていますが、その色や分泌量に異常がある場合は、何らかの病原微生物により膣が炎症を起こしていると考えられます。また、おりものに血が混じる場合には、子宮や卵巣、腟などの疾患が疑われます。陰部を清潔に保ち、症状にあった治療をすれば、しだいにホルモンの調和がとれてきて全身の健康につながり、おりものや陰部の症状も改善されます。

おりものの異常・陰部の不快感に効果的な漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

月経不順

【月経不順・不正出血】


月経の周期が不規則な場合を月経不順、月経とは無関係に性器から出血する場合を不正出血といいます。
 不正出血には、卵巣などの働きの異常によって起こる機能性出血と、子宮がんや腟炎などによって起こる器質性出血があります。
 機能性出血は、女性ホルモンのバランスが崩れることによって起こるもので、思春期や更年期の女性に多くみられます。
 器質性出血の場合は、子宮や卵巣、腟などの疾患が疑われます。ひどい月経不順がある場合も、何らかの病気が原因となっていないか、専門医の診察を受けるべきです。

月経不順に効果的な漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

月経痛・月経困難症

【月経痛・月経困難症】


月経中に、腹痛や頭痛が起こったり、冷えやのぼせ、腰痛、抑うつ傾向など、さまざまな症状が現われることがあります。これらが日常生活に支障をきたすような場合を月経困難症といいます。
 月経困難症には、子宮や卵巣の形状には異常がない機能的月経困難症と、子宮や卵巣に何らかの病気があるために起こる器質的月経困難症があります。激しい月経痛がある場合は器質的月経困難症の疑いがあり、、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮内膜炎など、子宮の重い病気が原因となっていることもあるので、念のため婦人科の診察を受けましょう。

月経痛・月経困難症に効果的な漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

不眠症

【不眠症】


不眠症とは、なかなか寝つかれない、夜中に目が覚めてそのあと眠れない、朝早く目が覚めてしまうといった状態をいいます。不眠症は、環境の変化やからだの病気、薬物による興奮や中毒、うつ病や精神病、高齢などが原因となることがあります。しかし、このような不眠症を起こす原因がとくにない、またはごく軽いにもかかわらず眠れないとという人、あるいは十分に眠っているようにみえるにもかかわらず、本人は眠れないと訴える場合があります。この場合は、睡眠の障害は軽いにもかかわらず、主観的に強く不眠を訴えることが多く、眠るということを強く意識するためにかえって眠れなくなり、たとえ深い睡眠をとっていたとしても、自分では眠っていないと思い込んだり、目覚めたときに、気分がよくないとか無力感があるなどの自覚症状があったために、眠れなかったという意識をもっています。これらの神経症的不眠を不眠症といいます。
 不眠症には、皮膚病や腰痛といった痛みやかゆみを起こす病気のほか、喘息など夜間に呼吸困難を起こす病気、高血圧、脳梗塞・脳出血・脳動脈硬化症など、いろいろな身体的疾患や精神疾患によって起こるものと、はっきりした原因がわからず神経質な性格などが関連して起こるものがあります。また、薬物やアルコール依存、精神疾患でも不眠が起こり、とくにうつ病ではほとんどの場合にみられます。
 不眠症の治療には、精神療法と抗不安薬を中心とした薬物療が行なわれますが、寝室・寝具など睡眠環境を調整する、規則的睡眠習慣を守る、また就寝前の飲食・入浴などによる心身の調整などで、よい眠りがとれるような環境づくりが優先されます。

不眠症に効果的な漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

自律神経失調症

【自律神経失調症】


自律神経失調症とは


血管や内臓をはじめ、私たちのからだのさまざまな働きをつかさどっている交感神経と副交感神経からなる自律神経が、バランスをくずすと、全身に多彩な不調を引き起こします。これを自律神経失調症といいます。
 自律神経失調症の特徴は、多くの症状が自覚されているケースが多いということです。たとえば、疲れやすい、眠れない、頭痛、めまい、手足のしびれや脱力などの神経系の症状、動悸、息切れ、胸が圧迫されたようになる、不整脈、血圧不安定、食欲不振、胃のもたれ、吐き気、神経性下痢、便秘などの消化器系の症状、頻尿や排尿痛、月経異常やインポテンスなどの生殖器・泌尿器系の症状のほか、肩こり、手足の冷え、汗が異常に出るなど、全身にわたる多彩な症状が自覚されます。焦燥感、抑うつ感、不安感、集中力の低下など、精神的な症状が現われることも多いものです。
 いくつもの症状が重なって現われることもあれば、ひとつの症状しか現われないこともあり、また、いったんおさまった症状がしばらくして再発を繰り返すことも少なくありません。このように、十人十色のさまざまな症状を示すのも特徴のひとつです。特定の臓器に症状が出ることもあり、その場合は心臓神経症、胃腸神経症、呼吸神経症などと呼ばれることもあります。
 特定の内臓や器官に疾患がなく自律神経失調の症状が出るのは、心因性の原因も考えられます。原因は特定できないことも少なくありません。体質的なものや、女性の場合では月経、更年期障害、幼児期の起立性調節障害などが誘因となって起こることもあります。不規則な生活習慣や過労によって引き起こされることもあります。
 自律神経失調症は、心理的な不安定が大きく症状を左右するので、これを安定させることが重要です。症状に合わせて、精神安定剤や自律神経調整薬などを用いた薬物療法や、心理的に回復を促す自律訓練療法、行動療法、バイオフィードバック法などのさまざまな治療法が行なわれます。

自律神経失調症に効果的な漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

ストレス

【ストレス】


ストレスとは、生体に有害な影響を及ぼす要因の総称で、さまざまな病気のみならず、社会・文化的状況(戦争や経済危機など)、物理的環境要因(温度、騒音、地震など)、個人の環境(人間関係など)を含めたものです。
 現代医学的治療では、精神的ストレスがたまって心身に不調が起きている場合に、精神安定剤などを用いることがありますが、これは頭脳の活動を一時的に鈍化させて心身の負担を軽減する効果はあっても、長期的にみれば解決策になりません。ところが漢方治療では、単にその時のストレスをやわらげるのでなく、心とからだの調和を根本から整えながら症状を改善し、ストレスに対する抵抗力を徐々に高めることを目標とします。そして、効果がはっきりするまである程度の時間がかかっても、やがては何ごとにも前向きに対処する活力が備わり、ストレスに負けない心身の健康が得られるでしょう。ただし、からだの機能障害が著しい場合には、現代医学的治療が必要です。

ストレスに効果的な漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

いらいら・不安・抑うつ傾向

【いらいら・不安・抑うつ傾向】


いらいらして落ちつかない、わけもなく不安感に襲われる、気分がめいる、といった精神神経症状には、動悸、息切れ、冷や汗などのさまざまな全身症状をともなうことが少なくありません。とくにこれといった原因の見つからない精神神経症状や、更年期障害などにともなう精神神経症状の改善は、漢方の得意とする分野ですが、ノイローゼや神経症、うつ病などで精神神経症状が重い場合は専門医の管理が必要で、現代医学的治療や看護が優先されます。
 
いらいら・不安・抑うつ傾向に効果的な漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

アトピー性皮膚炎

【アトピー性皮膚炎】


アトピー性皮膚炎は、かゆみのある発疹ができたり、患部がジクジクした湿疹になったりし、よくなったり悪くなったりをくり返す皮膚疾患です。患者のほとんどは、ぜんそくや鼻炎など、ほかのアトピー性疾患をともなっている場合が多く、家族にも同じような疾患がみられます。そのため、遺伝の影響を受けていると考えられますが、その遺伝形式やどのような遺伝子の異常なのかについては、まだわかっていません。
 アトピー性皮膚炎の人は、身のまわりのさまざまなアレルギー物質に対してIgE抗体ができやすく、血液中の総IgE値が高くなりやすいというアトピー素因(体質)をもっており、食物やダニ、花粉、カビ、細菌、化学物質などの身近なアレルギー物質が要因となるアレルギー的なものと、自律神経の失調あるいは刺激物やストレスなどが原因となる非アレルギー的なものとがあります。
 顔やあご、上胸、背中などに湿疹ができ、慢性的な激しいかゆみをともなうのが特徴で、一般的に10年以上続くことも珍しくはありません。かゆみが激しいために、かくと、そこが象の皮膚のようになって(苔癬[たいせん]化)、さらにかゆくなるといった悪循環が生じます。成人の場合は、乾燥のために顔や顎、上胸、背中などの皮膚全体が乾燥してザラザラしてきます。
 アトピー性皮膚炎の人は、とびひや水いぼなどの皮膚の感染症にかかりやすいといわれています。また、単純ヘルペスウイルス感染症も重症化する(カポジ水痘様発疹症)こともあります。アトピー性皮膚炎の人が感染症にかかりやすくなるのは、皮膚の病原菌に対する防御能力が、皮膚全体で低下していることや、かゆみのためにひっかいて、病原菌を他の部分に広げてしまうことによるものと考えられます。かゆみをおさえる環境をつくって、皮膚の感染症にかかったら早めに治療することが大切です。
 中学生以上の重症な患者では、10%前後に白内障を起こすことがあるといわれているので、視力が落ちてきたら、早めに眼科を受診するようにしましょう。
 症状のひどいときは副腎皮質ホルモン(ステロイド)軟膏の外用がもっとも有効ですが、副作用の恐れがあるので、必要最小限の使用にとどめます。また、肌の乾燥を防ぐための非ステロイド軟膏、尿素軟膏、ヒルドイド軟膏、アズノール軟膏、白色ワセリンなどのスキンケア軟膏も使用されますが、併せて、アレルギー物質を遠ざけたり、規則正しい生活をするなどの注意も重要です。

アトピー性皮膚炎に効果的な漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら

posted by kanpo at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

主婦湿疹

【主婦湿疹】


主婦湿疹とは、手のひら側の指先が乾燥してザラザラし、悪化するとひび割れを起こす病気で、毎日水仕事をしている主婦らに多く見られるため、こう呼ばれています。手に起こるので手湿疹、利き腕の指先にはじまって、てのひらに進行するので進行性手掌角皮症ということもあります。ふつうの湿疹のようにジクジクしたり発疹がみられたりはせず、かゆみもほとんどありませんが、悪化するとヒリヒリすることがあります。
 化学物質や金属などのアレルギーなどが原因と考えられていますが、はっきりしていません。
 水仕事のさい、木綿の手袋をしたうえでゴム手袋をする(ゴムアレルギーの場合もあるため)、冷水を避けるなどの注意で予防・悪化防止することができます。

主婦湿疹に効果的な漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

しもやけ

【しもやけ】


寒冷によってできる、かゆみやむくみをともなう紅斑を、しもやけ(凍瘡)といいます。子どもや冷え症の女性に多くみられ、温まるとかゆみが強くなります。成人女性でしもやけのできやすい人は皮膚が乾燥ぎみで月経不順や月経痛などをともなうことがよくあります。
 しもやけにならないためには手足を水でぬらさないこと、靴下は木綿や毛の暖くてゆったりとしたものをはき、手足をのマッサージや保温をすること、入浴で血行をよくすることが大切です。また、できるだけ急激な温度差をつくらないようにします。急に冷やさないというだけでなく、外から帰って、すぐにストーブの前で冷えた手足を急激に温めたりすることも避けましょう。

しもやけに効果的な漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

湿疹・じんましん

【湿疹・じんましん】


皮膚に発疹が集まってでき、赤くなったりかゆみをともなったりするものが湿疹で、皮膚の一部にはっきり境界がわかる赤みやふくらみができてかゆみをともなうものがじんましんです。
 湿疹・じんましんの原因は、食品や薬品などに対するアレルギー、異物の接触や温度差、日光などの物理的刺激、内臓疾患など、さまざまです。
 じんましんには、急性じんましんと慢性じんましんとがあり、一般に、急性の場合は比較的重症が多く、短時間内に皮疹が出たり消えたりを繰り返します。慢性じんま疹の多くは、軽度または中等度と症状は軽いのですが、毎日、あるいは数日単位でじんましんが出たり消えたりを、数か月から数年も繰り返します。

湿疹・じんましんに効果的な漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

にきび・肌あれ

【にきび・肌あれ】


にきび(尋常性ざ瘡)とは、若年層の人の吹き出物のことで、顔や背中、胸などの皮膚の毛孔(毛あな)に皮脂がつまり、そこに細菌感染が加わって炎症を起こしたもののことです。思春期以降に起こりやすい皮疹で、経過によって面ぽう、丘疹、膿疱などを形成します。思春期になると、性ホルモンの影響で皮脂腺が刺激され、皮脂の分泌がさかんになるために、毛あなが脂肪のかたまりや角質でふさがれやすくなります。この毛あなをふさいでいる脂肪のかたまりに、皮膚の常在細菌が感染することが原因です。一般に脂症の人にできやすいものですが、胃腸の不調やビタミン代謝の異常、自律神経の失調なども誘因になります。また、髪の毛が顔に触れたり、手で顔を触るなどの接触刺激によってもにきびができやすくなります。
 にきびが化膿して膿疱ができ、周囲の皮膚組織が破壊されると患部痕が黒くなったり、へこんだりして瘢痕を残すことがあります。また、にきびには、便秘やのぼせ、月経異常などの全身症状をともなうことがよくあります。
 にきびの治療の三本柱は、肌を清潔にするなどといった日常生活の指導、塗り薬などの局所的治療、そして全身療法です。
 肌あれは寝不足や過労、生理不順などによって現われることがあり、体調を整え、規則正しい生活をすると改善します。

にきび・肌あれに効果的な漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。