動脈硬化症

【動脈硬化症】


正常な血管は、適度な柔軟性をもっており、血液が順調に流れるようになっています。動脈硬化症とは、動脈壁がなんらかの原因によって硬くなることです。初期には症状はありませんが、進行すると血液の流れが悪くなったり、血管そのものが壊れたりすることがあります。

動脈硬化の種類

 
血管の硬化のしかたによって、細小動脈硬化、中膜石灰化、粥状[じゅくじょう]硬化の3つに分類されます。
 細小動脈硬化は、比較的細い血管の全周が厚くなることによって、血液の流れが減少することで、高血圧症との関連が強く、脳梗塞、脳出血などの原因になるといわれています。
 中膜石灰化は、血管壁を構成する膜のうち、中間層に石灰質が沈着することによって、血管が硬化することです。原因ははっきりわかっていません。
 粥状硬化は、血管壁に脂肪がたまって、粥腫(アテローム)ができ、血管を硬化させるものです。比較的大きな血管に起こり、長期間にわたって進行します。心臓や脳の病気にもっとも深くかかわっています。
 動脈硬化の危険因子には、高脂血症、高血圧症、喫煙、糖尿病、肥満、高尿酸血症、運動不足、ストレスなどがあります。また、女性より男性、若年者より高齢者の方が起こりやすいといわれています。
 動脈硬化自体に特有な症状はありませんが、脳卒中、狭心症、心筋梗塞など、重大な病気の原因となります。また、頭痛、肩こり、動悸、便秘などの不快な症状の原因となっていることもあります。

動脈硬化症と漢方薬


 動脈硬化症は現代医学的な病態の概念であるため、漢方では動脈硬化そのものの治療を目的とすることはなく、動脈硬化にともなう頭痛、肩こり、動悸などの症状の改善を目的とします。同時に、進行した動脈硬化性の病変を漢方薬で治すことは難しいので、動脈硬化の進行を停止させたり、遅らせたりすることも漢方治療の目的になります。まずは専門医による現代医学的治療を受け、漢方薬は、医師と相談のうえ併用するとよいでしょう。

動脈硬化症に効果的な漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら
posted by kanpo at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

低血圧症

【低血圧症】



一般に低血圧症と呼ばれているもののほとんどは、体質的なものが多く、はっきりした原因が不明ですが、高血圧症のように重大な合併症が起こる心配はありません。日常生活に支障がない程度の低血圧症ならば、とくに治療の必要はありませんが、全身倦怠感、立ちくらみ、食欲不振、頭重感などの不快な症状が現われることがあります。
 低血圧症には、検査してもとくに原因が表われない本態性低血圧症と、心臓の障害、急性感染症などによるショック、脱水症、副腎機能低下症など、原因がはっきりわかっている二次性低血圧症があります。
 低血圧症の中には、寝ている状態から起きあがったときにのみ起こる起立性低血圧症もあります。これは、糖尿病、重い貧血、内分泌の異常などが原因です。
posted by kanpo at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

高血圧症

【高血圧症】



心臓は、収縮と拡張を繰り返して、体内に血液を送り出しています。通常、血圧とは、心臓が収縮したときの血圧と、拡張したときの血圧を測定します。高血圧症とは、収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上である(1993年のWHOの基準による)ことをいいますが、年齢とともに動脈が硬化し、数値が上昇することは避けられないので、若い人と高齢者を一概に数値だけで比較することはできません。
 高血圧には、原因がはっきりせず、体質的なものや食事、ストレスなどが原因と考えられている本態性高血圧と、腎臓病や内分泌などの異常など、原因がはっきりしている二次性高血圧(症候性高血圧)があります。
 高血圧は、脳(脳卒中、脳梗塞など)、心臓(不整脈、心肥大、心筋梗塞など)、腎臓(萎縮腎、腎不全など)、眼(眼底出血)など、重大な合併症を引き起こします。
 漢方薬は、おもに初期軽症の本態性高血圧に用いられます。その場合、直接、血圧を下げるというより、高血圧から起こるさまざまな症状(頭痛やめまい、肩こり、手足の冷えなど)を軽減し、心身の調和を図るために用いられます。二次性高血圧の場合は、漢方薬単独ではなく、現代医薬と併用されます。
posted by kanpo at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

動悸・息切れ

【動悸・息切れ】



健康な人でも、激しい運動をした後や精神的動揺がある場合には、胸がドキドキしたり、息が切れたりします。自分の鼓動が不快に感じられることを動悸といいます。こうした場合ふつうは2〜3分のうちに動悸息切れがしずまるのですが、それ以上たってもおさまらない場合は、心臓疾患や甲状腺機能異常などの病気が原因となっている可能性もあります。しかし、感情が高まった場合や喫煙などによっても動悸は起こることがあるので、まず、原因を明らかにして治療にかかります。
posted by kanpo at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

気管支炎

【気管支炎】



気管支炎には、急性気管支炎慢性気管支炎があります。
 急性気管支炎は、パラインフルエンザウイルスなど、かぜ症候群を起こすウイルスの感染によって起こるカタル性炎症で、最初期はたんをともなわない「からせき」があり、次第に少量のたんをともなうせきになります。強いせきが続くと体力を消耗したり、筋肉痛が起こったりするため、あまり強いせきが続く場合はせきを抑える薬を用います。一過性の炎症なので、ほとんどの場合、対症療法で治りますが、細菌感染によって化膿性炎症や繁殖性炎症に進行すると、治りにくくなります。
 慢性気管支炎は、長期にわたって気管支に炎症が起こることで、せきとたんがおもな症状です。初めのうちは急に冷たい空気や汚れた空気を吸った場合にせき込む程度ですが、悪化すると、季節を問わず、たんをともなうせきが出るようになり、坂道や階段などで、すぐに息が切れるようになります。原因は、喫煙、大気汚染などが考えられていますが、確定していません。
posted by kanpo at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

せき・たん

【せき・たん】



気管や気管支の内壁の粘膜からは、常に粘液が分泌されています。吸気とともに体内に入ってきた異物は、粘液にからめ取られ、粘膜の線毛によって喉頭の方へ運ばれます。普段、それらの異物は、無意識のうちに食道から胃へ送られていますが、その量が多くなると、せきやくしゃみによって体外に排出されます。そうして排出されたものがたんです。せきやくしゃみは、さまざまな異物を排出するための生理的防御反応なので、無理にせきを止めると、本来は排出されなければならないウイルスなどがのどにとどまってしまい、かえって病気を悪くすることさえあります。
 せきたんの原因としては、かぜがもっとも一般的です。たんをともなうせきが続くときは、肺炎、肺化膿症、慢性気管支炎などが考えられます。たんをともなわない「からせき」は、かぜの初期、急性喉頭炎、胸膜炎などが考えられます。また、呼吸器系の異常が原因ではない、心因性のものもあります。
posted by kanpo at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

口内炎・歯痛

【口内炎・歯痛】



口腔内に起こる症状・病気の代表的なものが、口内炎や歯痛です。
 口内炎は、歯ぐきや唇など口腔粘膜に起こる炎症、荒れ、できものなどの総称で、舌、粘膜の別の部位に2か所以上炎症が発生した場合は口内炎、舌のみに発生したものは舌炎、歯肉のみでは歯肉炎、唇では口唇[こうしん]炎と呼びます。細菌や真菌(かび)、ウイルスなどの感染や、器械的な刺激によって起こった炎症で、口の中に原因がある場合と、胃腸の不調や、栄養バランスのくずれ、内臓の病気などが原因となって現われる場合があります。致命的な病気ではありませんが、ベーチェット病などの全身性の病気の先駆として現われたりする場合もあります。
 一方、歯の痛みに対しては、漢方では根本的な治療はできないので、まずは歯科医の適切な処置を受けることが重要です。ただし、一時的に歯の痛みをしずめたり、患部のはれや出血をやわらげたりする目的であれば、漢方が有効な場合もあります。
posted by kanpo at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

のどの痛み・声がれ

【のどの痛み・声がれ】



のどの痛みの原因には、喉頭炎をはじめとするさまざまな炎症があります。かぜなどの場合、高熱をともなうこともあります。
 また、のどに何か詰まっているような異常感を覚えることがありますが、これは、がん恐怖のような多分に精神的・心理的なものである場合が多いようです。
 声の出しすぎの場合(声帯結節)による声がれ(嗄声[させい])の場合には、しばらくのどを休め、医師の治療を受けます。声帯の使いすぎで「たこ」のようなものができている場合は手術が必要です。大きな声を出し続ける子どもにも同じような病気が起こります(学童嗄声)が、多くの場合、自然に治ります。また、声帯ポリープや腫瘍などの症状として、嗄声が現われることもあります。
posted by kanpo at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

耳の痛み・耳鳴り・難聴

【耳鳴り・難聴・耳の痛み】



耳の痛みの多くは内耳や外耳の炎症によって起こり、耳鳴りや難聴をともなうこともありますが、のどや扁桃腺、あごなどの痛みが放散して、耳が痛いように感じることもあります。耳には多くの知覚神経が集中しているので、痛みを敏感に感じます。
 耳鳴りには、聴力低下をともなうものとともなわないものがあります。中耳炎や難聴など耳の病気が原因でも起こりますが、高血圧など循環器系の病気やストレス、更年期障害をはじめとする、からだのさまざまな変調によっても起こります。耳鳴りの原因は発見しにくく、治療も難しいのが現状です。
 難聴には、耳介(みみたぶ)から外耳道を通って、内耳までに音を伝える部分のどこかに異常があるために起こる伝音性難聴と、内耳で感じ取った音を脳に伝えるまでの経路のどこかに異常があるために起こる感音性難聴の2種類があります。前者は耳道の閉塞や狭窄、中耳炎などによって起こり、後者は突発性難聴やメニエール病などによって起こります。
posted by kanpo at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

鼻水・鼻づまり

【鼻水・鼻づまり】



鼻の中は粘膜におおわれており、常に漿液[しょうえき]や粘液を分泌しています。鼻粘膜に炎症が起こると、これらの液体の分泌が増え、鼻孔内にたまったり、外へ流れ出したりします。これが鼻水です。最初は透明で水のような「水っぱな」ですが、細菌感染を併発すると、黄色や緑色に濁った膿性の鼻汁になります。炎症による鼻腔内のはれと膿性の鼻汁によって、鼻の通りが悪くなることが鼻づまりです。
 鼻水・鼻づまりには、かぜなどが原因で起こる急性のものや、副鼻腔炎(蓄膿症)のように濃い鼻汁が出て頭重感をともなう慢性のもののほか、アレルギーが原因で起こるものなどの種類があります。ホコリなど特定のアレルゲン(抗原)に触れたときに、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどのアレルギー症状が起こる病気をアレルギー性鼻炎といい、そのうち花粉をアレルゲンとするものを花粉症といいます。
posted by kanpo at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

疲れ目・眼精疲労

【疲れ目・眼精疲労】



体力が低下しているときや、お年寄りなどは、目が疲れやすいものです。また、長時間目を使う作業やコンピュータ操作なども、目の疲れを引き起こします。ただし症状が重く長引く場合は、緑内障や脳神経系の病気が原因となっている可能性もあるので、必ず専門医の診察を受けてください。目が疲れると、目が充血したり、かすんだり、首や肩がこったり、頭痛や頭が重い感じをともなうことがしばしばあります。目の症状だけでなく、このような全身の症状をよく観察して治療します。
posted by kanpo at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

脱毛症

【脱毛症】



毛髪は、常に発毛・成長・脱落のサイクルをくり返しているので、毎日平均50〜60本以上の抜け毛があるのはあたりまえのことです。しかし、そうした新陳代謝の例とは明らかに異なり、毛髪がたくさん抜ける場合を脱毛症といいます。なかでも、ある部分の毛髪がまとまって抜け、抜け落ちた部分がほぼ円形となるのは、円形脱毛症と呼ばれます。脱け毛は栄養状態やホルモンバランスの乱れ、自律神経の変調などでも多くなりますが、脱毛症と呼ばれるほど毛髪が抜け落ちる場合は、精神的ストレスの影響をかなり強く受けていると考えられます。そのほかに、梅毒、肺炎、糖尿病、甲状腺の異常、全身性エリテマトーデスなどによっても脱毛が起こることがあります。
posted by kanpo at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

頭痛・頭重感

【頭痛・頭重感】



頭痛頭重感は病名ではなく、ひとつの症状の名前です。これらは、さまざまな病にのさいに現われますが、いずれも直ちに生命にかかわることはほとんどありません。
しかし、脳腫瘍や脳出血、高血圧症など、重大な病気の場合もあるので、すみやかに診断し、早期に治療することが望まれます。また、女性は性周期によって頭痛・頭重感が現われることもあります。
posted by kanpo at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

慢性肝炎

【慢性肝炎】



慢性肝炎とは、肝臓に慢性の炎症がある状態で、急性肝炎が6か月以上続くか、肝機能検査値の異常が続いていることです。アルコール性肝炎や自己免疫性肝炎、薬剤性肝炎などから慢性化することもありますが、ほとんどはB型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスが原因です。
 A型およびB型の急性肝炎の場合、ふつうウイルスは2〜3か月で抗体によって消滅し、肝臓の機能は回復に向かいます。しかし、C型はこの回復期に治りきらずに慢性化することがあります。
 もうひとつのパターンは、長い年月持続感染しているのに発病しない無症候性キャリアとよばれる人が発病する場合です。ときに急性肝炎のように症状が急激に現われることもありますが、一般には肝細胞の壊れ方が急激ではなく、少しずつ肝細胞が壊される一方で肝臓の自己再生能力が細胞を修復し、一進一退を繰り返しながらしだいに悪化していくものです。
 B型肝炎ウイルスの場合、キャリアとなるのは免疫力の発達していない乳幼児期や免疫力が低下した状態のときに感染したケースがほとんどですが、C型肝炎ウイルスでは成人初感染者の半数以上がキャリアとなり、そのほとんどが慢性肝炎に進展するとされています。慢性肝炎の約10%が肝硬変に進展するといわれます。症状が軽快しているときでも、医師の指示を守り、とくに飲食が不規則にならないようにします。
 慢性肝炎は、無症状のことが多いのですが、全身倦怠感、疲れやすい、食欲不振、腹がはる、吐き気、嘔吐、みぞおち周辺の不快感、黄疸、褐色尿などの症状が現われることもあります。
posted by kanpo at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

貧血

【貧血】



血液中にある赤血球やヘモグロビン(血色素)の量が減っている状態が貧血です。
 貧血には、鉄分が不足して起こる鉄欠乏性貧血、外傷や痔、内臓の病気などによる出血が原因で起こる出血性貧血、血液中の赤血球が病的に短命化して起こる溶血性貧血、ビタミンB12や葉酸が欠乏して起こる巨赤芽球性貧血、骨髄の造血能力が低下して起こる再生不良性貧血などがあります。貧血によって、からだの各部分に酸素が十分に送り届けられなくなってくると、さまざまな症状が現われます。
 貧血の原因がはっきりしている場合は、現代医学的治療を優先し、必要に応じて医師の指示のもとで漢方薬を併用します。貧血は漢方薬がよく効く症状のひとつで、なかでも仮性貧血といって、医学的検査を受けても特別な異常がみつからないのに、顔色が悪い、めまいや立ちくらみがする、全身がだるいなど、貧血のような症状が現われる場合には、漢方治療が効果的を発揮します。
posted by kanpo at 19:30 | 症状

やせ

【やせ】



やせとは、体重が異常に減少していることです。生まれつきの体質という場合もありますが、病気が原因となっていることも少なくありません。標準体重より10〜15%程度少ないくらいの体重ならば、異常ではないので、無理に標準体重に近づける必要はありません。やせの原因となる病気には、口腔、胃、腸、膵臓、肝臓などの消化器系の病気、糖尿病やバセドウ病などの内分泌・代謝疾患、神経性無食欲症(拒食症)やうつ病などの精神的疾患などがあげられます。
posted by kanpo at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

のぼせ・ほてり

【のぼせ・ほてり】


からだに異常な熱感が現われることがほてりで、頭や顔だけにほてりが現われるのがのぼせです。原因は、自律神経系の異常や内分泌系の異常と考えられていますが、緊張など、精神的な要因も大きいようです。また、更年期障害によって顔がほてったりすることもあります。
posted by kanpo at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

食欲不振

【食欲不振】


食欲不振は、胃腸の病気や肝臓の病気、腎臓の病気、ホルモンや代謝に関係する病気、精神神経の病気(うつ病など)、がんや腫瘍など、さまざまな病気が原因で起こります。原因となる病気がわかれば、その治療が先決です。食欲不振なのにこれといった病気がない場合には、ストレスの影響、やせ型で食が細い体質、慢性的に胃腸の弱い体質、病後や手術後で体力が低下しているなどの理由が考えられます。
posted by kanpo at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

夏ばて

【夏ばて】


夏ばてとは


夏場はどうしても体力が消耗します。とくに、暑く寝苦しい夜が続くと寝不足になることが多く、体調をくずしやすくなります。また、最近は冷房の普及のため暑い場所から涼しい場所へと出入りすることによって、自律神経に変調をきたしてしまうケースが増えています。さらには、暑さのため冷たい飲み物や食べ物に手が伸び、胃腸の調子まで悪くしてしまいがちです。このように、暑さと湿度と冷えによって体調をくずすのが、夏ばての特徴といえるでしょう。夏ばてはおもに疲労倦怠感や食欲不振、下痢などをともなうことが多いものですが、漢方では、全身の症状をよく観察して処方を決定し、消耗している体力を補い、回復させます。
 
posted by kanpo at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状

慢性疲労症候群

【慢性疲労症候群】


慢性疲労症候群とは?


慢性疲労症候群は、日常生活に支障をきたすほどの激しい疲労倦怠感が突然起こり、それが半年以上も続いたり、波状的にくり返し起きたりする病気です。生命に関わる病気ではありませんが、まだほとんど一般の理解が少なく、つらい思いをしている患者も少なくありません。疲れやすい、だるい、からだが重い、集中力が低下する、頭痛、発熱など、ほかの病気でも現われやすい症状ばかりで特有の症状がなく、また病気の発見からまだ日が浅いために定義付けが明確でないため、診断の難しい病気です。原因としては、ウイルス説、免疫異常説、ホルモンのアンバランス説、栄養障害説などが考えられていますが、はっきりと解明されていないため、現代医学では対症療法で症状を軽減させています。漢方治療では、慢性疲労症候群の全身の症状を総合的に判断した処方で、だるい、疲れやすい、からだが重く感じるなどの症状の改善をめざします。
posted by kanpo at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。