痔や肛門関連疾患に効く漢方薬

【適応】
一般痔疾、痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、脱肛、肛門出血、痔疾の疼痛、女子陰部そう痒症、便秘。

【製品名】
オースギ乙字湯エキスG/高砂,大杉
乙字湯エキス顆粒T/東亜薬品
カネボウ乙字湯エキス細粒/鐘紡
KTS乙字湯エキス顆粒/建林松鶴堂,伸和
コタロー乙字湯エキス細粒/小太郎
三和乙字湯エキス細粒/三和生薬
JPS乙字湯エキス顆粒/JPS
ジュンコウ乙字湯FCエキス細粒/アサヒビール,萬有
ジュンコウ乙字湯FCエキス錠/アサヒビール
太虎堂の乙字湯エキス顆粒/太虎精堂
ツムラ乙字湯エキス顆粒/ツムラ
テイコク乙字湯エキス顆粒/帝國漢方,テイコク
ホノミ乙字湯Nエキス顆粒/剤盛堂
本草乙字湯エキス顆粒-M/本草【使用目標】
 体力が中等度で、便がかたく、便秘をする傾向がある人の、症状があまり激しくない痔疾患(痔核、脱肛、裂肛など)に用いられます。局所の疼痛、かゆみ、軽い出血などの症状に効果的です。また、製品によっては女性の陰部のかゆみ、疼痛にも応用されます。

↓上記漢方が割安で手に入ります。電話での相談もできるので安心です。
漢方薬が欲しい方はこちら

【使用法】
1日量を食前または食間2〜3回に分けて服用します。

【副作用】
★(1)間質性肺炎が現れることがあります。
★(2)低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、むくみ、体重増加などの偽アルドステロン症が現れることがあります。
★(3)低カリウム血症の結果としてミオパシーが現れることがあります。
(4)発疹、発赤、かゆみなどの過敏症状が現れることがあります。
(5)GOT、GPTなど肝機能検査値の上昇が現れることがあります。
(6)食欲不振、胃部不快感、吐き気、腹痛、下痢などの消化器症状が現れることがあります。

【使用してはいけない人】
甘草2.5g以上を含有する製品では、次の人は使用できません。
(1)アルドステロン症の人。
(2)ミオパシーのある人。
(3)低カリウム血症の人。

【慎重に使用すべき人】
(1)下痢、軟便のある人。
(2)著しく胃腸の虚弱な人。
(3)食欲不振、吐き気、嘔吐のある人。
(4)著しく体力の衰えている人。
(5)高齢者。
(6)妊婦または妊娠している可能性のある人、授乳中の人。
(7)小児。

【注意すべき併用剤】
(1)甘草含有製剤との併用には注意が必要です。
(2)グリチルリチン酸およびその塩類を含有する製剤、甘草2.5g以上を含む製品ではループ系利尿剤(フロセミド、エタクリン酸)、チアジド系利尿剤(エチアジド)と併用すると、偽アルドステロン症が現れやすくなります。また、低カリウム血症の結果として、ミオパシーが現れやすくなります。
(3)他の漢方製剤、とくに大黄を含む製剤との併用には注意が必要です。

【その他の注意】
(1)間質性肺炎が現れることがあるので、発熱、せき、呼吸困難、肺音の異常などが認められた場合は使用を中止し、ただちに医師に連絡してください。また、胸部X線検査を受けるなど医師の指示に従ってください。
(2)偽アルドステロン症、ミオパシーが現れることがあるので、血清カリウム値の測定など医師に指示された検査は必ず受けてください。また、脱力感、四肢けいれん・まひ、そのほかの異常が認められた場合には使用を中止し、医師に連絡してください。
(3)医師に指示された用法・用量を守って使用してください。
posted by kanpo at 12:29 | 痔や肛門関連疾患に効く漢方薬
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。